岐阜羽島「名鉄竹鼻駅より徒歩10分」の完全予約制安心白髪染めNo.1美容室「ZEAL」

ヘナ・おすすめの白髪染め

名鉄「竹鼻駅」から徒歩10分。羽島市竹鼻町の美容室 お店の地図はこちら リンク

トップページ >> ヘナ・草木染め(ボタニカルカラー)

何故カラーすると髪がギシギシに・・

なぜヘアーカラーを繰り返すと髪がギシギシするのかご存じですか?

多くの美容室で使用しているヘアーカラー(市販も含む)は、1剤(アルカリ染料)と2剤(脱色剤)を混合して化学反応を利用して染めます。
わかりやすく説明すると脱色と染色を同時にしているのです。
勿論の事ですが、頭皮の上でこの化学反応を引き起こすので、頭皮の弱い方がヒリヒリとしみるのは、この化学反応が原因なのです。
また、毛染めをして数週間すると「毛先が明るくなってきた!」と感じるのは、日にちが経ったから明るくなったのではなく、実は実は施術を行った時点で明るく脱色しているのです。

そしてシャンプーなどにより染料が少しづつ流れ落ちてしまい「明るくなった!」ような気がするのです。
ヘアーカラーに使用する2剤(脱色剤)は・・・新生毛(新しく伸びてきた髪)に一度、染色する程度ならパサパサ感やギシギシ感はございませんが、繰り返し何度も何度も既染毛(一度以上染めた後、色落ちした部分)に使用するとキューティクルが破損されてしまいます。
特にホームカラーの場合・・・施術的に私達、美容師が行うように新生毛、既染毛といった様にキューティクルの損傷の違う環境に区別なく染めているので繰り返せば繰り返す程、毛先がパサパサ・ギシギシになってしまうのです。
少し前に流行った泡で染めるヘアーカラーなどは、根本も毛先もごちゃごちゃにして染めるカラーですので・・・私達、髪を傷めないカラーをする美容師としては、とても考えられない発想のヘアーカラー剤です。

ほんのり明るく白髪を染めたいかたへ草木

根本のリタッチの部分(まだ染めた事のない新しい髪)には、匂いも地肌への刺激も少ない低アルカリのヘアーカラーで白髪、黒髪をほんのり明るく染め上げます。
※リタッチの部分に使用する染料は低アルカリカラーですので従来のアルカリカラーのような刺激はございませんが、頭皮の敏感な方にはしみたり、アレルギーを引き起こす可能性がございます。市販品や従来のカラー剤よりは低刺激ですが、頭皮の弱い方は必ずパッチテストが必要です。

明るくなくていいから白髪を染めたいかたへ

ナチュラルヘナをベースにハーブをミックスした天然100%の植物染料です。アルカリカラーのように2剤(脱色剤)を使用せず、水を溶くタイプのの為、何度染めてもパサパサ・ギシギシする事はございません。白髪をしっかり染める為、少量のジアミンが含まれています。アレルギーのある方はパッチテストが必要です。

当店は理容室も併設

初めてご来店の方(ご希望の方)に、お顔そり(うぶ毛)をサービスさせて頂いております

当店は、理容室も併設させて頂いておりますので、白髪染め世代の女性客へお肌がツルツルになるシェービング(お顔そり)を提供させて頂けます!
決して、美容室やエステサロンで味わう事のできない・・(高級化粧品を使用しなくても)お肌がツルツルになる「お顔そり(うぶ毛)をサービスさせて頂いております。但し、一日限定2名様とさせて頂きますね!
ご利用頂くお客様からは、化粧ノリがよくなった!・高い化粧品を使用しなくてもお肌がスベスベになった!などと、大変喜んで頂いております。(お顔そりは、シェービング歴40年の母が担当させて頂きます。)

お肌のターンオーバー
 
お肌は皮膚の表面から順番に、表皮→真皮→皮下組織という3つの層で構成されています。その表皮は、更に角質層→顆粒層→有棘層→基底層という順番で構成されています。
画像の説明

ターンオーバは一番底にある基底層から始まり、細胞分裂を繰り返しながら有棘層→顆粒層→角質層へと徐々に押し上げられて行き、一番外側にある角質層に達した細胞が「角化」の状態であり垢(あか)となって剥がれ落ちるんです!

お肌のターンオーバーは、およそ約28日周期で繰り返されています。

このターンオーバーで角化された一番表面の層を「お顔剃り」でうぶ毛と一緒に剃り落とす事により、お肌がツルツル・スベスベになるのです!

このように、高い化粧品でお肌をお手入れしなくても、月に一度「軽~く角質層と産毛を剃ってあげる」だけで、若々しいツルツル・スベスベのお肌を手に入れる事ができるんですよ!

※男性の髭剃りとは全く目的が違いますので、お顔の剃る際に角質層と、うぶ毛のみを優しく剃らせて頂きます。




今すぐ予約ご希望の方は、こちら





a:7970 t:2 y:3



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional